ラインを気にする時間足は決まっている〜むやみにラインを引けば言い訳じゃない理由と、その解決策〜


今日は検証をしていくのですが、その中でもラインの使い方について今日は話をしていこうと思います。

今回の記事の内容が理解出来れば、ラインとの付き合い方が劇的に変わると思います。

ラインを引きすぎて混乱しているなら、その混乱の解消につながるでしょう。

さて、おそらくあなたは今までにラインはとても重要だということを聞いてきたと思います。

それはもちろんでして、私もラインをかなり使っています。

しかし、ラインは使い方を一歩間違えると、かなり危険なものになります。

どんな風に危険かと言うと、いつまでたってもエントリー出来なくて、エントリーしたときには、既に遅い、となります。

結局勝てなくて負けが続くんですね。

『しっかりライン引いてトレードしているのに、うまくいかないなー』という感じです。

で、まずトレードをするときはトレードするべき場面、仕掛ける場面を絞り込むことから始めますね。

今回はこちらの画像を使います。

この画像の中から仕掛ける場面を探してみてください。

これはポンドドルの日足です。

過去のチャートから引っ張ってきました。

さて、あなたならこの場面どこでエントリーしますか??

次の画像には今回説明する仕掛ける場面に印を付けました。

で、日足を見てもらった段階で、ラインが引いてあることに気付いたと思います。

先に結論から話してしまいますと、ラインは長期足に使って、相場がどういう状況か、状況把握に使うべきだ、というのが私の考えです。

つまり、私の場合ラインは日足でしか気にしません。

ここに落とし穴があるのですが、多くの人は、どの時間足でもラインを気にします。

まあ、気にし方というのは人それぞれだと思いますが…。

例えば…
このラインにタッチしたらエントリーする
このラインを抜けないとエントリー出来ない
ここのラインで絶対止まるはずだ
などなど。

ラインを使うことで考えられることは、たくさんあります。

こういうことを一つ一つ考えていくと、ドツボにはまっていくのです。

考えなくて良いことを考えて、結局エントリー出来なくなる。

こうならないためにも、ラインもシンプルに使うべきです。

そして、どうシンプルに使うのか、というと、相場の状況を把握する目的だけです。

相場の状況を把握するということは、例えば、『あ、レンジだなー』とか『この辺のラインは効きそうだなー』くらいです。

つまり、日足ではラインを気にするけど、それ以外では気にしない。

で、今回の場面、日足を見た段階で、レジスタンス付近なので、『ここから下降の流れにならないかなー、そしたらエントリー考えたいなー』という予測をします。

このためにラインを使ってますよ。

で、その次は、私はエントリーは1時間足でするので、1時間足に切り替えます。

ここからは、ライン引いたりしません。

で、この場面の1時間足がこちら。

じゃあラインを使わないなら、エントリーどうするの?となりますよね。

エントリーではライン使わないんです。

もしエントリーにラインを使おうとしたら、現在のレジスタンスラインに触れたらエントリー、みたいになると思います。

でも、ここで考えなければ行けないことがあります。

今回はエントリーしたらうまい具合に下降したけど、毎回引いたラインで止まって反転するわけではない。

これですね。

だから、エントリーには私はラインは使わない。

その代わりにインジケーターを使ってタイミングを取るんですね。

ラインを引いて相場の大きな流れをつかんで、エントリーはインジケーターを使う、という感じです。

で、少し話がそれますが、例えば1時間足でラインを引くとします。

こんな感じでラインが引けますよね。

で、こういう風なことをすると、自分が何をやっているかわからなくなります。

だから、エントリーする時間足では余計なラインは引かない方が良いですよ。

このライン抜けないとエントリー出来ない、となりますから。

そして、抜けてからエントリーしたのに、その後相場にそこまで勢いがない、というのはよくあること。

だいたい、エントリーが遅れます。

で、1時間足で、ラインまで近づいてきたら、日足の段階での予測は、レジスタンスになって反転、下降する、でした。

あとはラインを気にしないで、タイミングを図ってエントリーします。

私のエントリーポイントはここ。

普通にチャートだけ見たら何の変哲もないところです。

しかし、インジケーター(移動平均線)を使うことで、相場の勢いがわかります。

また、私の場合はロウソク足も結構重要視していますので、これらを組み合わせてタイミングを取る。

こんな感じです。

ここまで簡単に整理すると、日足で相場の状況を把握するときの相場の見方と、1時間足でエントリーするときの相場の見方は全く違うのです。

日足は、状況把握。
1時間足は相場の勢いを見てエントリータイミングを図る。

で、エントリータイミングの細かいところに触れていないのは、ここではちょっと言えないからです。

というのも私のオリジナルではなく、ある教材のタイミングの取り方をそのまま取り入れているからです。

気になる方は、こちらがその教材です。

私が取り入れている教材の詳細はこちら

ちょっと今回結構長くなってしまったので、ロウソク足を見て勢いを感じる部分に関しては別途取り上げてお話しします。

今回の話も、今後何度もしていきますので、しっかり復習しておいてくださいね。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ