トレンドハンターFX損切り場面紹介


今日は、トレンドハンターFXのスイングトレードの手法について、スイングトレードでこういうところを狙うと必ずと言っていいほど損切りになる場面を紹介しようと思います。

今回話す内容が分かっていないために、スイングトレードでリタイヤしてしまう人が多いです。

私自身の経験でも、この感覚を身につけるのに、トレードを始めてから1年くらいはかかりました。

恋スキャFXのように、スキャルピングの短期売買の場合はそこまで重要なことではないのですが、スイングトレードで大きく利益を取っていこうと思ったら、必須の力になります。

さて、あなたにはその力があるか、どうかを確かめてみてください。

この記事を読み終わる頃には、それがどんな力で、あなたはこの力を持ち合わせているかがわかります。

では、こちらのチャートを見てみてください。

1

これはポンドドルの1時間足のチャートです。

あなたはこのチャートを見たとき、どんな戦略が思い浮かびますか?

「アップトレンドが形成されていて、タイミングをみて買いエントリーしたい。」

私ならこのチャートを見たときにこう思います。

しかし、これはあくまでも1時間足だけを見た場合の話です。

その後相場がどうなったか。

こうなりました。

1-2

買いエントリーしていたら見事に大きな損切りになっていました。

このあたりで気がつく人は気がつきます。

なぜこの場面はそのまま上昇することなく下落へ転じたのか。

答えは簡単です。

その答えは、日足にあります。

hi

ちょうど赤い丸で囲ったところが1時間足で載せたチャートです。

日足はダウントレンドなんですね。

日足は大きなダウントレンドだけど、1時間足はアップトレンド。

こういう場面は結構あります。

そして、より大きい足(日足)がダウントレンドで、小さい足(1時間足)がアップトレンドの場合、優先されるのは日足の方向です。

もし、買いでエントリーするとしたら、青いラインを引いたところを上に抜けないと厳しいですね。

青いラインの下にいる限りは徹底的に売ることを考えます。

じゃあ、今回のような場面はどのような戦略を立てればいいのか。

1時間足の最初のチャートを見てみましょう。

1

日足がダウントレンドだということが分かっているので、直前がアップトレンドだから買いたい、という気持ちはぐっと押さえます。

そして、売りに転じる場面を探します。

1時間足で大きな陰線が出るのをこの段階で待ちます。

そして、陰線が出て、意識されている安値を更新したら日足でダウントレンドに戻ったことになります。

こうなったらタイミングを見計らって売りエントリーをする。

私なら日足と1時間足を見て、このような戦略を立てます。

トレンドハンターFXのようなスイングトレードの教材を使ってエントリーをする場合、ロジックに合致する場面はそこそこ出てきます。

しかし、勝つために重要なことは、トレンドハンターFXのロジックに忠実にエントリーしていくことは当たり前のことで、その前提の部分、つまり、エントリーの前の相場の状況を把握するのがとても重要です。

最初に話した通り、スイングトレードでは必須の力となりますので、ぜひ身につけてくださいね。

今回説明したような相場で大きく利益を取りたいなら、オススメの教材はこちらです。

トレンドハンターFXの詳細はこちら

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ