トレンドストライクFX具体的なエントリーポイント


一般公開を直前に控えたトレンドストライクFXですが、どんなポイントで利益をあげることが、この記事で事例をあげて説明しようと思います。

まず、簡単にトレンドストライクFXのトレード手法ですが、スイングトレードです。

保有期間はほとんどの場合、日をまたぎます。

で、直近のポンドドルでエントリーポイントがあったので紹介します。

こんなところで利益を取ることができます。

ポンドル検証
(実際は移動平均線等を表示させています)

見ていただいてわかると思いますが、トレンドを取りにいきます。

そして特徴はトレンドの初動を取ることができます。

今回のエントリーで獲得出来るのは約250pips。

トレンドストライクのロジックは、直近では他のポイントでも発生しています。

しかし、そこでエントリーしても、なかなか利は伸びません。

それはなぜでしょうか。

ここがわかるかわからないかで、トレンドストライクFXで勝てるか勝てないかが分かれます。

次回の記事では、ロジックではエントリー条件が揃っているが、なかなか利益が伸びないポイントを紹介します。

何かしら教材を買ったことのある人ならわかると思うのですが、ロジックだけを知っていても実はなかなか勝てないんですよね。

ロジックはあくまでもエントリーのタイミングを取るためのツールです。

それよりももっと大事なものがあります。

ここを見逃すと、『ロジック通りにエントリーしたのに何で損切りになるんだよ??』と思わず言いたくなります。

次回はその辺にも触れますね。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ