レバレッジとは


レバレッジとは「てこの原理」と呼ばれるものです。

「小さい力で大きいものを動かす」という意味で使われます。

FXにおいては「小さな資金で大きなお金を動かす」ことを表します。

FXの取引においては、レバレッジを1倍~500倍の間でに増やすことが可能です。

つまり、口座には10万円しか入っていないけど、レバレッジを高めることで
100万円、1000万円のお金で取引ができるのです。

ただ、これは少し前までの話です。

レバレッジを100倍、200倍にすると儲けも100倍200倍になります。

しかしそれと同時に損失を出した場合にも、同じことがいえるのです。

1万円の損失で済んだものがレバレッジを100倍かけていたら、
100万円の損失になります。

レバレッジ規制

このように、リスクがとても高くなってしまうので、最近になって、レバレッジに
規制がかかりました。

具体的には2010年にレバレッジの上限が50倍になり、2011年には
レバレッジの上限が25倍
になりました。

つまり現在は1倍~25倍の間でしかレバレッジをかけることができません。

ただし、これは日本国内のFX業者に限った話なので、海外のFX業者を使えば
以前のように100倍やそれ以上のレバレッジをかけて取引することも可能です。

トレードの方法によってレバレッジのかけ方は異なりますが、ハイリターンを
狙えば狙うほどハイリスクになる、ということはしっかり覚えておきましょう。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ