ロング、ショートとは


ここでは、FXの用語の中でも基本中の基本である「ロング」と「ショート」について話していきます。

最初に定義を確認しましょう。

ロングとは買いエントリーのことを、ショートとは売りエントリーのことを意味します。

実はこの2つの言葉、かなり間違って認識されることが多いんです。

具体的にはどんな風に間違えてしまうのか?

それは、「ロング=ポジションを長く持つ事」「ショート=ポジションを短期で持つ事」です。

もともと日本で英語を勉強する際には、ロングといったら「長い」、ショートといったら

「短い」という意味が思い浮かぶでしょう。

ロング、ショートという言葉は、「ドルロングでエントリー」や、「ユーロショートでエントリー」などのように使われます。

ここでロング=長く持つ、ショート=短く持つ、と間違えて認識している人は

「ドルを長期的に持つのね(スワップ狙い)」、「ユーロを短期的に持つのね(デイトレード)」と解釈します。

しかし、これは間違った認識です。

正しくは、先ほども言ったようにロング=買いエントリーで、ショート=売りエントリーを意味します。

くれぐれも基本用語はしっかりおさえるようにしましょう。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ