ボラティリティーとは


ここでは、ボラティリティーという言葉の意味について話していきます。

FXをやっていて、情報商材や本などで勉強をした事のある方なら何度かこの言葉を聞いたことがあるでしょう。

「ボラティリティーが高い」、「ボラティリティーが低い」というように使われます。

では、ボラティリティーとは何か。

ボラティリティーは価格変動の度合いのことを指します。

ボラティリティーが高い、といった場合、相場が大きく価格変動を起こしやすい状態であること。

逆に、ボラティリティーが低い、といった場合、価格変動幅が小さいことを意味します。

つまり、ボラティリティーとは、相場が活発に価格変動をしているのか、もしくはしていないなのかを見極める手段の一つなのです。

ここからいえることは、ボラティリティーが高い場面ではトレンドを形成しやすく、ボラティリティーが低い場面ではレンジを形成しやすい、ということです。

また、相場はレンジとトレンドを繰り返して形成されています。

なので、レンジが形成されている(ボラティリティーが低い)ということは、いずれトレンドに移行することを意味していて、トレンドが形成されている(ボラティリティーが高い)場面では、いずれレンジに移行することを意味しています。

もし、トレンド相場で優位性のある手法を使っているなら、ボラティリティーが拡大する場面を狙うのが理想的です。

また、ボリンジャーバンドを使えばボラティリティーをチャート上に表示させることができます。

リアルタイムスイング講座のご紹介

スイングトレードの検証講座をリアルタイムで行っています。 講座はどんどん先に進みますので、気になる方はこちらからご登録ください。 今なら無料でスイングトレード特別レポートを配布しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ